保存方法

アレルギーの心配は必要?

アレルギーはアレルギーの起因物質に対して体の免疫が過剰に反応することで起こるもので、人間だけではなく同じメカニズムで犬にも発症します。
アレルギー起因物質(アレルゲン)についても、食物アレルギーだけでなく人間と同様に花粉やハウスダスト、ダニ、ノミのアレルギーなどもあります。
犬の場合、アレルギー症状は耳、指先、わき、顔、胸、太ももの付け根などの皮膚の痒みとなって現れます。

食物アレルギーの場合、痒みがよく見られる場所は耳です。
季節に関係なく頻繁に外耳炎が現れる場合は、食物アレルギーの可能性があります。
ドッグフードに使用されている原材料の中で、犬に一番大きな食物アレルゲンは小麦です。

犬は小麦グルテン(アルブミン、グロブリン、グルテニン)を消化するための酵素を持っていないので、犬によっては小麦グルテンを摂取することによって胃や皮膚にアレルギー反応を起こしたり副作用として皮膚や毛並みが悪くなったりします。
アレルギーの対策については、アレルギー症状を改善・緩和するための成分が含まれているドッグフードも販売されていますし、ドッグフードで免疫力を高めることで免疫の過剰反応を止めるなどの方法もあります。
アレルギーある犬用のドッグフードはこちらで紹介されています。
しかし、まずは獣医の判断を仰ぐことですし、飼い主自身が犬のアレルギーについての知識を得ることではないでしょうか。
ドッグフード以外のおやつについても参考にご覧ください。

このページの先頭へ