保存方法

ドッグフードの価格の差は原材料

一般に販売されているドッグフードは、1kg当たり500円で売られているものから1kg当たり3,500円以上するものまで千差万別です。
単純に言えば、約7倍の価格差があるのです。
常識的には、製造コストや流通コストで7倍もの価格差がつくはずがありません。

一般的なドッグフードに含まれている成分はこちらで紹介されている通りですが、
高品質なものは価格が高めになっていることやドッグフードの価格と原材料の質が比例している点から考えれば、価格差の主な原因は原材料のコストにあると言えそうです。
ドッグフードの原材料は、大きく分けて2通りの食材が使用されています。
1つは「人間が食べても安心な素材」が使用されているものと、「限定されない素材」を使用したものです。

ヒューマングレード
「人間が食べても安心な素材」を使用しているドッグフードは、ホリスティックフードhttp://familyfunsoftware.com/gen.htmlと呼ばれ、高品質で高価格です。
たとえば主原料の肉の場合、「食用肉」や「有機鶏肉」などを使用し、国産の場合は食品衛生検査所の検査に合格したものです。

また、穀類や野菜類は、人間用の食材として生産国の農薬基準などをクリアしたものが使用され自然食(ナチュラル)やオーガニックが増えました。
中にはオーガニック100%で作られたドッグフードもあります。

農薬や化学肥料・薬品を使用していない、また人工着色料・人工保存料などの化学合成物質を使わない素材が使用されています。
一方、「限定されない素材」を使用しているドッグフードには原材料に「食肉」や「食用肉」などの表示がされておらず、合成着色料や合成保存料、副産物も使用されている場合が多く、スーパーやホームセンターでも購入できます。


こちらには猫ちゃんを飼っている方に是非ご覧いただきたいサイトがいくつかあります。

キャットフードはスーパーやペットショップ、動物病院などいろんな所で購入することが出来ます。
動物病院や行きつけのペットショップがある場合は、そこで愛猫に合うキャットフードを購入することができますので良いのですが、スーパーで購入する場合は飼い主自身でどれにするか選ぶことになります。
そんなとき、たくさんのキャットフードの中からどのように選んでいますか?
価格だけで比較していませんか?

価格が安い商品や中国産の商品(すべてとは言いませんが)には、わたしたち人間が食べることを禁止されている成分が含まれていることがあります。
危険なキャットフードで起きた事故というのは今までに何件かあり、かわいがっていた愛猫を亡くしてしまったというケースもあります。
このような事故に愛猫を巻き込まないためにもキャットフードの正しい選び方を飼い主に知っていただきたいです。
愛猫が長生きできるかどうかはキャットフードが大きく関わってくることを覚えておいてください。

病気になりにくい健康な体型を維持させるためにはhttp://www.nationalpretzelday.com/kan.htmlで紹介されているような関節サポートをしてくれたり、筋肉質な体型をキープできる栄養素が含まれている商品がおすすめです。

このページの先頭へ