保存方法

犬の味覚を知ろう

甘味・酸味・塩味・苦味・旨味などが「味覚」と呼ばれる動物の五感の一つで、食べる物に応じて認識される感覚です。
味覚は、舌にある味蕾(みらい)という花の蕾に似た突起で感じます。
この味蕾の数は、人間の舌には約1万個ありますが、犬には約2千個しかありません。

従って、犬の舌には人間と同じように味覚はありますが、その感覚は人間よりもかなり鈍感と言えます。
もともと肉食動物であった犬の祖先は獲物の生肉を食べなくてはならず、味が気になって食べられないといったことでは生きていけないことから、味覚に関しては鈍感になったと言われています。
しかし、犬はまったく味が分からないというわけではなく基本的な味覚は感じていて、特に甘い物に反応が良いようです。

苦味のあるものは危険なものとして「腐敗した食物に含まれる有害な成分の苦味」を感じることができるようで、腐敗していないものであっても苦味を感じると吐き出すことがあります。
また、食べ方の特徴として、猫と同じように熱い物は苦手ですし、余り噛むことはなくドッグフードなどほとんど丸呑みしてしまいます。
犬の味覚はあまり発達していませんが嗅覚は非常に良く発達していますので、ドッグフードの食事はこの嗅覚に頼っています。
人間の食べ物は犬にとっては匂いが強いので興味を示しますが、決してドッグフードのようにおいしそうなので食べたいと思っているわけではありません。

▼ドッグフードの正しい与え方はこちら

このページの先頭へ