保存方法

ドッグフードを食べないときはどうする?

犬がドッグフードを食べないケースは、2つのケースがあります。
1つは病気の場合です、他の1つは犬の食性や習慣による場合です。
病気の場合、犬は人間と違って病状を訴えることができないのですから、なるべく早く獣医に連れて行くことです。

犬の食性や習慣による場合は、飼い主による躾のやり直しが必要です。
与えたドッグフードを食べないとき「飽き易いから、甘えん坊だから、わがままだから」と言う愛犬家が多いのですが、犬は同じものを食べ続けても、人間のように飽きることはありません。
犬は習慣性が強い動物ですから、子犬の時からいろいろなドッグフードを与えなければ、特定のドッグフードしか食べなくなります。

餌をたべないと飼い主がかまってくれることを経験するとそれが習慣付き、餌を食べなくなります。
餌を食べないでいるとおいしいおやつを出してくれることがわかると、ドッグフードを食べなくなります。
言い換えれば、子犬の時からの飼い主の躾の誤りが原因で、ドッグフードを食べないのです。

犬がドッグフードを食べない場合は「餌を30分以内に取り上げて次の時間まで何も与えない」「手で食べさせたりかまったりしない」ことです。
2~3日食事を抜いても餓死するようなことはありませんから、食べるまでこれを繰り返します。
飼い主にとっては辛いことかもしれませんが、虐待ではなくあくまでも躾です。
これで解決しなければ獣医に相談し、次の対策を考えます。

このページの先頭へ