保存方法

ドッグフードとは

ドッグフード(dog food)とは、工業的に生産された飼い犬用の加工食品を指します。
人と同じ食べ物や食べ残したいわゆる残飯が犬の餌として与えられますが、これはドッグフードとは呼びません。
スーパーやペットショップなどで購入できる一般的なドッグフードは2つのタイプあり、ドライタイプと呼ばれる袋入りの乾燥した固形のものとウェットタイプと呼ばれる缶や真空パック入りのものがあります。

ドッグフードは、1860年頃のイギリスの船乗りたちが食べていた「敷き瓦ビスケット」にはじまります。
船乗りが捨てたビスケットを、野良犬が喜んで食べていたのがヒントで誕生したといわれています。
しかし商品化されたのは1930年代のアメリカで、飼い犬の高級なおやつとして商品化され売り出されました。

日本においては、1960年に協同飼料株式会社が日本初のドッグフード「ビタワンVITA-ONE」を発売開始しました。
当時は「犬の餌は残飯で十分」といった飼い主がほとんど全てといえる時代でしたから、ビタワンはごく一部の飼い主に利用されるだけのものでした。
なお、当時はペットショップなどがなかったこともあり、ビタワンは米屋で販売されていました。
その後、日本におけるドッグフード市場はアメリカ製のドッグフードがリードしてきたこともあり、アメリカを後追いするかたちで現在にまで至っています。

このページの先頭へ